お知らせ

普通免許で運転できる自動車の大きさが小さくなります

道路交通法の改正により「普通免許」で運転できる自動車の大きさが変わります。
(平成29年3月12日から)

「準中型免許」が新設される等の改正が行われた改正道路交通法の施行期日が、平成29年3月12日と決定されました。これにより、その日以降に取得する「普通免許」で運転できる自動車の大きさが今までよりも小さくなります。これは、準中型免許の新設に伴う車輌区分の変更に伴うもので、「新制度の普通免許」で運転できる車両の大きさが、現在の
「車輌総重量(車検証に記載されている。)5トン未満の自動車」
から、
「車輌総重量3.5トン未満の自動車」
へと上限が小さくなります。(下表参照)

具体的には、「現行制度の普通免許」で運転ができた「最大積載量2トン以上の普通トラック」が、「新制度の普通免許」では運転できなくなります。
これらの車を運転しようとする場合には、「準中型免許」が必要になります。
施行日までに「現行の普通免許」の取得が可能な方は、お早目の対応をお勧めします。
詳細については、お近くの自動車学校にお訪(尋)ねください。

改正道路交通法の施行後は、下表のようになります。
普通免許で運転できる自動車の大きさが変わります。改正道路交通法が施行されることに伴い、「準中型免許」の教習を実施する教習所は、「自動車学校一覧」の「一種免許欄」をご覧ください。(平成29年3月12日から)

自動車安全運転練習のご案内

平成29年度の自動車安全運転練習のご案内